© 2023 by Peter Collins. Proudly created with Wix.com

■ イメージとしての量塊と場という空間の関係における仮想または現実的幻想の彫刻

 形ある物質はそれ相応の重力を受け、それに見合う重さを私たちは感じ取っている。これは私たちがあらゆる場面でのリアルさ(現に存在すること)を思う時に無意識に判断している重要な要素だと思う。しかしこの彫刻はイメージとしての量塊でしかない。見合う重量のないボリューム、記号であり実体がない、見る側が想像することで現れ現実の空間に定着させている、イメージと現実の中間的な曖昧な存在である

​イチハナリアートプロジェクト+3(浜比嘉島)

untitle 浜比嘉島民家 2015
untitle 2015

ちゃたん海の美術館(美浜サンセットビーチ)

Seven speech bubbles 2013
This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now